《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクール

全ての女性というのは身体のどこかしらに解消したい悩みを持っているもので、中でも胸の小ささで悩んでいる人が多くいます。
効果的な豊胸術が今では確立しており、プチ整形感覚で悩みを解消することが出来るのです。 サーマクールというのは、アメリカの医療機器の会社であるThermage社が開発をしたしわ・たるみ治療器となります。
少し美容に興味がある方でしたら誰でも知っている機器であり、今では世界中で施術が行われています。

 

サーマクールは最近日本に紹介されてきていますが、アメリカとカナダの日本の厚労省に相当している機関で認可されています。
数多くの美容クリニックで導入されており、多くの女性のコンプレックスを解消してきています。

 

皮膚表面を冷却し電気抵抗を最小限にして、熱作用から表皮を保護しながらサーマクールでは電磁波を照射していきます。
心配な傷跡についてですが、お肌の奥に軽い火傷を起こす程度ですので、見た目が変わってしまうこともありません。



《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクールブログ:2020/4/05

わたしは10年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
わたしにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「親父を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

親父はヘビースモーカーです。
幼少の頃、親父の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

わたしの中でそれが「大好きな親父」だと
認識していることに気がついてからでした。

わたしが本当に好きだったのは、
この親父の匂いではなくて、
親父の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
親父なんか必要ないと、親父から心理的に距離をとり、
親父の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの親父」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は親父が大好きで
親父の膝の上や腕の中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
わたしの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
わたしにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、親父のことを理解し許し始め、
親父に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
親父を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。